ガンプラのペイルライダーを買取してもらうなら

ガンダム1

プラモデルの中でもガンプラは高値で売れる玩具の一つです。理由は子供から大人まで、幅広い年齢層から支持されているため需要が高いのです。ただ人気があるからと何も考えずに売りに出してしまうと、「上手くやればもっと高く売れたのに!」などといったことになりかねません。

そこで私が実際にペイルライダーを売った時の体験談を元に、少しでも損をしない方法を提案したいと思います。

『ガンプラを高額で買い取りしてもらう為に必要なこととは』

組み立てる前なら

箱から出していない状態なら、基本的にはどこに持って行っても買取ってくれるでしょう。特にペイルライダーのような人気のキャラクターなら、良い値段がつくことが期待できます。ちなみに、この記事を読んだ人の中には、ガンプラを買ってそのまま保管しているわけないだろうと言うかもしれません。

しかし、私のように一度に二つ以上同じガンプラを購入するモデラーは、少なくないはずです。そして、私の場合はまず、何も手を加えず説明書通りに組み立てるいわゆる「素組み」をします。もう一つは好きな色で塗ったり改造したり、カスタムする用に購入しているのです。

ところが今回は、素組みをした時点でペイルライダーの造形が素晴らしいため、カスタムするイメージが膨らまなかったのです。そのため、二つ購入したうちの一つが、手つかずの状態になってしまったというわけです。

そこで放置しておくのはもったいないので、わずかばかりでも購入金額を回収しようと買取店に持ち込みました。すると新品同様だったため、購入した金額の約6割の値段で引き取ってもらうことができました。ただし、説明書に書かれているパーツがすべてそろっているのか、入念にチェックされます。

ちなみに、一つでも紛失しているとどうなりますかと聞いたら、買い取れませんと言われました。加えて、箱の隅々まで見られたのですが、これは潰れた箇所がないのかを確認しているそうです。それ以外にも、箱が日に焼けている、凹みやシワがある場合はどんどん買取金額が下がっていくと教えてもらいました。

そのため、未開封のペイルライダーを売る際にはパーツの紛失がないのが絶対条件で、箱はきれいであればそれだけ高値がつくということです。

『プレミアムバンダイのガンプラを買取してもらうのにおすすめの店』

もしも組み立てたペイルライダーを売る場合

未開封のペイルライダーを売ったのですが、ここで私には疑問が生まれました。それは、組み立て済みのものは買ってもらえるのか、ということです。一応今回ペイルライダーを買取ってくれた店舗のスタッフさんに聞いてみたところ、「うちでは買取れません」とのことでした。

考えてみると当たり前のことで、ガンプラをはじめとしたその他のプラモデルの多くは、組み立てる行為自体を楽しむための玩具です。そのため、すでに完成したガンプラを買うお客さんは少なく、売れない確率が高い玩具は買取れないのは当然でしょう。

例外があるとすれば、プロモデラーの人が作ったガンプラなら買取るケースはゼロではないです。インテリアとして飾りたいと考えるお客さんがいるからで、腕に自信があれば査定を受けてみると良いでしょう。

諦めるのはまだ早い

素人モデラーの多くは、あまり出来が良くないので廃棄するしかないと諦めているかもしれません。しかし、捨てる前に、近所にある模型店や買取専門店に行ってみることをお勧めします。例えば、ペイルライダーを組み立てている時に、あるパーツを破損させたとします。

本来ならパテと呼ばれる特殊な粘土を使って修復するのが一般的です。この作業の難点は、乾燥させて形を整えるためにサンドペーパーという紙やすりで削らなくてはいけません。そのため、完成させるのに時間がかかってしまうのです。

他にも、ペイルライダーには細かなパーツが多く、紛失することがあります。プロモデラーなら一からパーツを作れるのかもしれませんが、素人ではほぼ不可能です。では、パーツを紛失した素人モデラーはどうするのかというと、もう一箱同じものを買い、欲しいパーツを取るのです。

このことを「パーツ取り」と言います。あるいは、メーカーに注文して該当するパーツを取り寄せるかです。人によってはペイルライダーの完成を諦めるかもしれません。いずれにしてもお金と時間がかかります。ところが欲しいパーツだけを売っている店舗があるなら、これほどありがたいことはないです。

そんな素人モデラーのために、完成したペイルライダーでも買取ってくれる店舗があるので、探してみる価値はあります。

ちょっとした手間をかけておきましょう

完成したペイルライダーを買取ってくれる店舗があるなら、多くは「パーツ取り」のためです。そこで少しでも高く買ってもらうために、組み立てたペイルライダーを分解しておきましょう。店舗で分解する手間を省ければ、それだけ印象が良いので買取金額が高くなるかもしれないからです。

コツとしては、とにかく丁寧にやることです。「パーツ取り」のために買取るわけですから、パーツが割れていたり欠けたりしていると意味がありません。よく切れるカッターがあれば良く、合わせ目に差し込みゆっくりと左右に広げてやれば、たいていのものは分解できます。

その後パーツ同士が引っついていた面を、サンドペーパーで軽く削ります。あくまでもこれは付着している接着剤を取り除くための作業なので、くれぐれもパーツを削り過ぎないように気をつけましょう。パーツを削り過ぎてしまうと、組み立てた際に隙間が空いてしまいます。

もしも塗装をしているのであれば、市販の剥離剤にしばらく浸しておけばきれいになります。最後にすべてのパーツがそろっているのかを確認して、査定を受けると良いです。

どこに持って行くのか

完成品や組み立て途中のもの、または分解したペイルライダーのパーツを買取ってくれる店舗はハードオフです。ただ私の知る限り宅配や出張といった買取方法は採用していないです。そのため、ペイルライダーを丁寧に箱に詰めて、破損しないように店舗まで持って行くしかありません。

それ以外では、トイズキングのプラモ部やトライホビーズです。

ちなみに、これらの店舗は、私の自宅付近にある支店で「買取れます」と返事をもらったに過ぎません。他の地域にある店舗や、時間の経過と共に買取不可になる可能性はゼロではないです。そこで最寄りの店舗に行く前に、問い合わせておくと無駄足にならずに済みます。

そして、プロモデラーに負けないくらいの出来栄えだと確信しているなら、インターネットオークションを利用してみるのが良い方法です。実際に完成品のガンプラが数万円で売れたことがあります。その代わり数円や誰も入札しないといった事態も起こるので、あくまで自己責任でお願いしたいです。